ピロティ~旅行記 ~世界征服を企む男の旅~

世界征服を企む一人の男が世界一周をするという旅行記です。 俺の夢は世界征服(=世界中に友達を作ること)です。 地球上のあらゆる土地に足を運び、その土地の人たちと触れ合い、価値観や人生観をぶつけ合えたらと思って世界に飛び出ることにしました。

2012年09月

アキバ系の変なこだわり

今日は旅行で大変お世話になると思われるPCとカメラを買ってきました。

正確に言うと、PCではなくてタブレットです。
最初、Regzaのタブレットを買おうと思っていたのですが、ブログなどを書く際に、キーボードでの入力の方が早くていろいろ便利だなと思い、ASUSのタブレットにしました。

昨日オープン当日で激込みのビックロにわざわざ行き、店員さんを捕まえひたすらアドバイスをもらってきました。ただ、ビックカメラは高かったので、結局価格,comで最安値だった秋葉原のお店で買うことにしました。
事前に在庫を確認したところ、ちょうど今日入荷とのこと。
そして、早速昼前に行ってきました♪

稲葉「すいません。今日入荷のASUSのタブレットありますか?」
店員「今日入荷したヤツはありませんけど、これのことですか?」
稲葉「あぁ、それです。それください。」
店員「え?これ、今日入荷したヤツじゃないですけどぉっ!?」
稲葉「はい、大丈夫です。それください。」
店員「これ今日入荷したヤツじゃないですよぉっ!?」

そこ、こだわってねぇよっ!!いいから早くよこせよ!!!
アキバ系はすぐ細かいところを指摘して来るから困る。
中学校の時、体育の先生に秋葉くんと3回くらい間違えられたのを思い出す。。。
よく見ろ、秋葉じゃない、稲葉だ。。。

タブレットを手に入れた後は、これまた価格.comで調べた浅草橋のお店でミラーレス一眼レフを買ってきました。
こちらも昨日ビックロで激込みの中、店員さんを30分間強独り占めし、アドバイスをもらったPentaxのQ♪
世界最小の一眼レフだとか。小さい故、女性に人気らしいです。僕の長旅にもぴったりです☆
デジカメ持ってるけど、やっぱりこの貴重な経験はより高性能なカメラで撮っておかないと。

そして、再度秋葉に戻り、メモリーカードを購入しました。
メモリーカードの型番について店員さんに質問したのですが、アキバ系というのは自分の好きなものに関しては本当に愛情いっぱいで話すんだな、と思いました。
何より説明が分かりやすい。笑 こちらが下手にでればでるほど、優しく分かりやすく説明してくれます。笑

今日はいい買い物が出来ました♪ビックロの店員さんありがとうございました♪笑

パスポート更新


パスポート取らなくちゃ!

ってことで、新宿都庁前にあるパスポートセンターに行ってきました。
平日の昼過ぎでしたが、10人くらいの人が発給申請に来ていました。

旅券発給申請書を記入し、免許証と証明写真(40mm×30mm)、戸籍謄本を持って受付へ。
前のパスポートは有効期限が切れているため、なくしたと言えば必要なし!
本来、古いパスポートは穴を開けられ、無効処理がされますが、その心配もなし!

ただ、変更前の本籍地と古いパスポートの番号&失効日が必要と言われましたが、変更前本籍地は持参した戸籍謄本に書いてあったし、パスポート番号と失効日は覚えていたのでクリア♪
最後に、受取証をもらい手続き完了。
全部で15分くらいだったと思います。

パスポートは来週の10月4日(木)に出来上がるらしい。楽しみ♪

当たり前だけど、パスポート番号はパスポートが完成しないと分からないらしい。
つまり、航空券はそれまで取れないということ。。。
それまで台北行きの飛行機が満席にならないことをただただ願うばかりです。

それでは、今日の一曲です。お聴き下さい。

~松浦亜弥 『トロピカ~ル恋して~る』~

台湾への航空券 ~桃か星か~

10月17日(水)に脱国が決まったものの、まだ航空券は取っていません。。。

相変わらず、直前にならないと動き出せません。。。笑

とはいえ、何もしていなかったわけではありません。台湾への片道航空券についてはいろいろな航空券の販売サイトを見たり調べたりしていました。
しかし、どれもお高いんです…。

台湾は日本から比較的近いので、片道航空券ならサーチャージなど諸費用込み込みで10,000円切るくらいで行けるのかと勝手に思っていたら、サーチャージ抜きで最安値が23,000円…諸費用込み込みだったら、30,000円近くなってしまうという…。

10月中旬の平日でそんな価格になるはずはないと、何回もいろいろなサイトで調べたり、航空会社に電話して聞いたりしましたが、やはり最安値は23,000円…。

そんな時閃いたのがLCC!今年2012年は日本におけるLCC元年と言われています。
今年3月にはANAが出資した日本発の本格的LCCであるピーチアビエーションが関西国際空港を拠点に就航を開始しました。
それに伴い、僕自身もLCCの本や雑誌を読んで勉強したのを覚えています。内容は基本事項以外ほとんど忘れましたが…笑

そして、調べてみると、東京(成田、羽田)から台湾へ就航しているLCCはないものの、大阪(関空)からピーチアビエーションとジェットスターが台湾へ就航していることが発覚しました♪
ピーチにいたっては、なんと10月16日(火)より台湾へ就航開始とのこと!!
なんというタイムリーな就航開始!!

このタイミングの良さに運命を感じたのと、ピンクを基調としたコスチュームとラフな感じを与えてくれるCabin Attendantに惹かれ、さっそくピーチについて調べることに!! ←結局、単純…笑
コールセンターにも電話していろいろ聞きました。
コールセンターには計3回くらい電話し、毎回違うオペレーターが対応してくれましたが、全員バリバリの関西弁の女性でした…。笑
関西弁の女性はあまり好きではありませんが(笑)、まぁいいでしょう…笑

気になるお値段はなんとサーチャージ込みで10,630円!!さすがLCC!!
受託手荷物は別料金(1個目1,600円)のため、結局12,230円になりますが、大阪まで夜行バスで行けば東京(成田、羽田)から飛ぶよりはるかに安くなります。

そこで、夜行バスについても調べてみたところ、贅沢を言わなければ2,600円で新宿から大阪まで行けることが分かりました。
つまり、トータル15,000円ほどです!
想定していた金額よりは高いですが、現実を知った今ではかなり安く思えます!笑

ちなみに、ジェットスターの価格は、こちらも別料金の受託手荷物含め、12,950円とほぼ同額でした。

…。
…ん??
しかし、よーく考えてみると、ピーチは朝7時に出発の便のみ…。
夜行バスが大阪の難波に着くのは朝6時…。
難波から関空は電車で40分ほど…。
…!!
まぁ、まず間に合わないよね…笑

っつーことで、ピーチはすっぱり諦め、昼12時半に出発するジェットスターにすることにしました☆笑
まぁ、運命だと思った出会いなんて所詮こんなもんですよ…笑

ジェットスターの空席状況見たらまだまだ空いてそうだったので、新しいパスポートが出来次第ブッキングしたいと思います。ジェットスターはオンライン予約時に旅券番号の入力は必須ではないものの(ピーチは必須)、入力しておくとチェックインがスムーズなので。
そんなこんなで明日早速パスポートセンター行って来ようと思いまーす☆


☆余談☆

実は片道航空券よりも往復航空券の方が安かったりすることがあります。これは旅行会社がパッケージ旅行用に航空会社からまとめて購入したものをバラ売りしているため、一席あたりの料金が格安になるというもので、単体で販売されている片道航空券とほぼ変わらない価格であったり時には往復のものよりも安くなることもあります。

つまり、往復旅行券を買って、復路の航空券を利用しなかったとしても、片道航空券を買うより割安ということが起きえます。
しかし、復路破棄は違反行為にあたり、ペナルティが航空会社より科せられます。特に最近は厳しくなってきていて、ほとんどのケースでペナルティを支払うことになるそうです。
旅行会社も最初から片道を想定しているお客さんに往復航空券を販売することはしていないそうです。

予防接種 ~A型肝炎2回目&日本脳炎追加分~

今日は、3回目の予防接種に行ってきました。

相変わらず、閑散としたフロア…。
今日ははついに僕以外患者さんは0でした。。。

今日もサンボばあちゃんに呼ばれ、中に入ると、「これどうしたの!?」とひどく驚いたような調子で僕の右肘を触ってきました。

予防接種に来る前、お彼岸ということでお墓参りに行ってきた僕はそこで蚊に刺されてしまったんです…。
腫れは直径2cmくらいだったのですが、サンボばあちゃんにとってはかなり大きかったらしく、「エラいのにやられちゃったねぇ!」と言ってなんと消毒液を塗ってくれました☆
サンボばあちゃん優しい…。

ただ、、、その後も「蚊も人を選ぶからねぇ~。若い方がいっぱい吸えるからいいのよ♪」と蚊の話を終始しながら僕の両腕に注射をしてくれました。
心配してくれるのは嬉しいんだけど、注射の時はしゃべらずに集中して欲しかったです…笑

そんなこんなで右腕にA型肝炎の2回目を、左腕に日本脳炎の追加分をプスッ…!!
今日もこれまた一瞬で終了し、検疫所を後にしました。

注射フェスティバルも中盤を過ぎ、残すはあと3本…!
出発が近くなってきたことを感じさせてくれました。

戸籍謄本の取得

今日は赤羽にある区民事務所まで戸籍謄本を取りに行って来ました。

大学一年生(当時20歳)の時に作成した10年用パスポートの期限が今月で切れてしまうため、パスポートを更新しなければならないのですが、この間に本籍地を変更した人は戸籍謄本もしくは抄本が必要となるのです。
本籍地などの登録事項に変更がなければ、有効期間中のパスポート更新時の必要書類は発給申請書のみとなり、事前に用意する書類はありません。

区民事務所に到着し、自分や筆頭者の氏名、現住所、本籍地など必要事項を記入した用紙を受付に渡し、謄本を受け取る、到着後ものの5分もかかりませんでした。

戸籍謄本一部450円(抄本も同額)。
この戸籍謄本はそれほどでもないけど、お役所とかの書類って高くないですか?
役所側の作業なんてほとんどなく、書類一部プリントアウトするだけなのに謎な価格設定していますよね笑
処方箋の英訳とかも2,000円とかしたりするらしいですからね。。。

そんなこんなで、帰宅後、パスポートを探し、ぱらぱらと見ていると…

「Date of expiry : 04 SEP 2012」

…!

…!!

あれ?期限切れてんじゃん…!!!

急いで期限超過パスポートの更新時に必要な書類を確認してみると、幸いなことに、発給申請書と戸籍抄本or謄本、本人確認のための書類とのことで、結果的に事前に必要な書類は戸籍謄本だけでした。
しかも、前回発給を受けたパスポートは「可能な限り持参」とのことで無効処理をされずに保管ができそうです☆
むしろ、期限が切れていて良かったかも笑


しかし、10年用のパスポートがもう期限満了を迎えてしまうとは…



☆余談☆

更新手続きで思い出しましたが、自動車免許の更新を来年しなければならなく、海外にいる僕はどうすればいいのだろうと思っていたら、なんとゴールド免許保持者は3年間隔ではなくて5年間隔なんですね!
無事故無違反のドライバーで本当によかったと思います♪笑

2008年2月に雪山で激しくスリップし、群馬土木事務所管轄のガードレールを損傷させたサプライズがありましたが、あれは物損事故であるから点数も引かれないし、ゴールド免許にも差し支えないようです♪
まぁ、約1名鼻血出した後輩がいたので、人身事故っちゃ人身事故ですけどね。。。笑

出発日決定!!

10月中旬を脱国の予定としているため、そろそろルートの設定や航空券の手配など、かなり本格的な準備をしなくてはならなくなってきました。

去年から漠然と考えていた旅のルートでは、香港を最初の訪問国にしていました。
しかし、台南に高校時代の友達がいることが発覚し、そこに寄ってから香港に入るのも悪くないかもと思い、急遽最初の訪問国を台湾に変更することにしました!

今、中国では、日本が尖閣諸島を国有化したことに端を発した反日デモが激化しているので、とりあえず様子を見つつという意味では台湾スタートは絶好かもだしね☆

友達は週末の方が都合いいとのことなので、その前に台北で2泊ほどし、その後新幹線か何かで週末台南に移動する計画にしました。


っつーことで、出発日は10月17日(水)にけってーーーーーーーーぃ!!


これで予定通り、10月中旬に脱国ができそうです♪

非公開ブログ!?

ブログを作成してから2週間が経ちました。

まだ誰にもこのブログの存在は明かしておりません。笑
僕が日記更新時にちゃんと反映されているかをチェックするくらいなので、「アクセス数 = 僕の更新チェック数」の等式が未だに成り立っているものと思われます。笑

せっかく作成したのに、なぜ存在を明かさないのか…
それは、まだ準備段階のため、他人が見ても面白くないかなぁ…と思ったからです。
それに、今日記を書いている目的は他人に何かメッセージを発信するというより、旅行準備に対する備忘録といった方が強いからです。

では、何のための備忘録か…
誰か他の方がこのブログを参考にして世界一周の準備に役立ててもらえれば、とも思っていますが、主目的は、僕の2回目の世界一周の時のためです。笑

次回は新婚旅行で行きたいと思っています♪笑
今回はその時のための下見も兼ねていたりいなかったり…笑
まぁ、目的が全然違うので、新婚旅行で行くコースと今回のコースはかなり違うと思いますが。。。笑

何しろ、僕の夢「世界征服(=世界中に友達を作ること)」は1年半の世界一周に1回行ったくらいでは、到底叶いません。
一つの国に1週間だけ滞在し、効率よく友達ができたとしても、征服できる国は1年半で75ヶ国程度です。三分の一程度です。
これでは、世界征服には到底及びませんからね。



話はちょっと逸れますが、"世界一周"ではなく、"世界二周"や"世界三周"した人っているんですかね。。。
まぁ、いるんでしょうね。。。


俺もやっちゃおうかな…ふひひ。。。笑


海外旅行に魅了されたきっかけ

先日、『海外に魅了されたきっかけ』を書きましたが、僕が"海外旅行"にハマり出したのは、大学一年生の夏休みにサークルの先輩2人と計3人で行ったカンボジアがきっかけでした。

その時はタイも同時に行ったのですが、ちょうどサーズが流行っていた時でした。
カンボジアのシムリアップには日本からの直行便がないため、タイからプロペラ機で飛びました。持って行ったカメラは使い捨てカメラでした。。。笑

シムリアップから、カンボジアのデコボコ道をバスで揺られ、アンコールワットに着いた時は目の前に出現した本物の世界遺産に本当に感動しました。
19世紀にフランス人のアンリ・ムオが密林に埋もれたアンコールワットを発見した時はさぞ感動したんだろうな、と思ったのを覚えています。

その感動が忘れられず、それから大学時代は夏休み、春休みの度に海外に行くようになりました。大学院受験が控えていた4年生の夏は行ってないけど。。。

ちなみに、今まで行った国は下記の通りです。

9歳:アメリカ(ハワイ)
20歳:タイ、カンボジア、アメリカ
21歳:シンガポール、マレーシア、タイ、韓国
22歳:イタリア、ドイツ、フランス
23歳:アメリカ、インドネシア(バリ)
25歳:フィリピン(セブ)、イギリス
28歳:オーストラリア
29歳:スイス、ベルギー、ルクセンブルク、オランダ、オーストリア



予防接種 ~A型肝炎1回目&破傷風追加分~

今日は、2回目の予防接種に行ってきました。

相変わらず閑散としたフロア…。
患者さんは一人しかいませんでした。

受付でスケジュール表を渡し、今回の予防接種ワクチンを確認し、待つこと30秒ほど…。
今日もまたサンボばあちゃんが僕の名前を呼んでくれました。笑

右腕にA型肝炎の1回目、左腕に破傷風の追加分をプスッ…!!
今日もまた一瞬で終わりました。

あまりにも一瞬で終わってしまって何か味気がなかったので、サンボばあちゃんとの会話を楽しむという意味でも、予防接種の予定はないが感染の可能性があるマラリアやデング熱について聞いてきました。

マラリアについては、予防薬はあるものの、毎週決まった曜日に内服しないといけなく、さらに一週間当たり1,000~1,500円くらいかかるということなので、世界一周旅行者にはオススメできないとのこと。
マラリア蚊は特に夕方から明け方にかけて活動するらしいので、その時間帯は特に肌の露出は避け、虫除けシート、蚊取り線香などで対策を取るようにと言われました。

デング熱については、予防薬というものはなく、さらに患者さんが最近増えてきているらしいとのこと。ついこの前も、東南アジアから帰国した女性の患者さんでデング出血熱という病気に2回かかった方が来たそうです。その女性は次かかるとアウトと言われたそうな…。

デング熱は、マラリアと同じように、蚊によって感染します。分布は東南アジア、インド、中米、南太平洋など広く、現在のところワクチンはないそうです。
デング熱自体の致命率は0.01~0.03%程度と低いものの、再感染するとデング出血熱という上記の女性がかかったものとなり、致命率は3~6%まで上がり、さらに感染するようになると致命的となるそうです。

怖いですね。。。

季節にもよりますが、東南アジアやアフリカなどで露出せずにバックパックを背負い街を歩くことはまず不可能だと思うので、何とか虫除対策を考えたいと思います。

海外に魅了されたきっかけ 

僕が海外に興味を持ち出したのは高校生の時です。

その前からも興味はあったとは思うのですが、高校生の時に見たあるテレビ番組がきっかけで僕の心は海外に強く惹きつけられていきました。


その番組とは日曜日の夜にTBSで放映されていた『世界遺産』。
(今は『The 世界遺産』と名前を変え、TBS系列で日曜日の18:00-18:30に放映)


当初は、世界遺産に興味があるから見ていたというわけではなく、オープニングテーマである鳥山雄司の『The Song of Life』が、流れる映像をより壮大にし、僕の心を魅了していたから見ていた、と言った方が正しいと思います。

しかし、ある時を境に僕の心が魅了される主対象は音楽から"世界遺産自体"に移り変わっていきます。
高校2年生だったか3年生だったかは忘れましたが、ある日曜日の夜、布団に入りながらいつものように『世界遺産』を見ていました。

すると、ブラウン管の中(古い…笑)には今まで見たこともないような美しい景色が広がっていました。
もちろん、その時も鳥山雄司の『The Song of Life』が最高の触媒になっていたのは間違いありませんが、完全に僕の心はその景色の壮大さ、神秘さに奪われていました。


それは、1995年にユネスコの世界遺産に登録された『シントラの文化的景観(ポルトガル)』でした。


シントラの文化的景観には、シントラの王宮、ムーアの城跡など、いくつかの物件が登録されていますが、特に美しいと感じたのが"ペーナ宮殿(下写真)"でした。


275px-Pena_National_Palace
写真:ペーナ宮殿


もう何と言うか、「ほえぇぇぇぇ~~!!!」と言った感じです。

もう一回言いましょうか?

「どしぇぇぇぇぇ~~!!!」と言った感じです。笑


「美しい多くの緑の中にある色鮮やかさ」
「乱雑な曲線の中にある設計された直線」

シントラの世界遺産はその登録名の通り文化遺産であり、自然遺産には登録されていないものの、十分に自然との複合的景観を創り出していると言えます。
※世界遺産には、文化遺産、自然遺産の2つがあり、その2つを同時に持つと複合遺産となります。
(日本には複合遺産はありません)


このことがきっかけですっかりシントラの虜となってしまった僕は、早速翌日の夕飯時にオカンにこの話をしました。
そして、「俺はいつかシントラに住む!」とまで言っていたのを記憶しています。笑 ←絶対に住まない笑

それからというもの、『世界遺産』は毎週必ず見るようになりました。
そして、時期を同じくして2000年に講談社より『週刊ユネスコ世界遺産』が創刊されます。
この雑誌がさらに僕の世界遺産熱を刺激することになり、心は完全に世界遺産に奪われてしまいました。
ただ、創刊号こそ安かったものの、1冊500円程度するこの雑誌は当時高校生だった僕の財政をかなり圧迫していました。笑

その後もすっかり世界遺産にハマり、世界遺産にまつわるサイドストーリーの本や、世界遺産関係の展示会、そこから派生して、オーパーツ(Out of Place Artifacts)やグラハム・ハンコックの『神々の指紋』など、海外のいろいろなことに興味を持つようになっていきました。
そして、大学生になったら海外に行き、実際に自分の目でそれらを見たいと思うようになっていったのです。

このように、僕の海外への想いは一つの世界遺産から始まりました。



ちなみに、ポルトガルのシントラへはまだ行ったことがありません。。。笑

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ