昨夜は22時に布団に入ったお陰で、朝8時にすっきり目覚めよく起きることができました♪

ここガンテはかなり寒いので、夜中や明け方に凍えないか心配でしたが、ギュンパたちが用意してくれた布団のお陰で温かく気持ち良く眠ることができました。
Tashiさんには、昨晩寝袋を用意してもらっていましたが、全く使う必要はありませんでした。
しかし、一方のTashiさんは、「私、寒い。。。笑」と言って、布団の中でさらに寝袋にくるまって寝ていました。笑

僕専用に用意してもらった寝室 から居間に行くと、ギュンパファミリーは皆起きていました。
さすが、農家の人たちです!朝に強い!!こういうところも尊敬です!!!

昨日は早く寝ることができたので、今朝はたまたま自然に早く起きることができましたが、僕だったらこんな寒さの中確実にゴン寝してますね。。。
まあ、早く起きたといっても8時ですが、、、農家タイムでは決して早くありませんが、、、
ってか、農家に生まれていたらちゃんと朝強くなっていたかもしれませんけどね。笑

そして、早速朝の仕事です☆
チンレーと共に牛を散歩に出します。

と、言っても、牛を小屋から引っ張り出し、さらに家の外に放つだけですの作業です。笑
あまりの一瞬の出来事に、私、完全に見ていただけでした。。。笑
ってか、牛が勝手にどっかに行ってしまうっていうことはないのか不思議です。。。

牛の散歩という最大重要任務を完遂させた後は、チンレーと"クル"と呼ばれる、ブータン版のダーツで遊びました♪

クルの矢は、一般に言われるダーツ(矢)とは全く形も大きさも違いますが、構造は一緒で、先端に針があり、次に矢を安定させる重り、そして胴体があり、最後に羽が付きます。
一般のダーツでは、先端からそれぞれチップ、バレル、シャフト、フライトと呼びますが、それらと構造も役割も全く一緒です。

矢は葉っぱ付きの人参みたいな形をしていて、大きさは人参より一回り小さい感じです。
そして、投げる時は人参の実の部分を持って、的を目掛けて、全身を使って投げます。
肘を固定し、静かに投げるダーツとこの辺は違うことになります。

正式な競技の的やルールがどういうものかは分かりませんでしたが、僕らは10~15mくらい離れた所の地面に刺した、横20cm、縦50cmくらいの木の板を的とし、的に刺されば2点、外れた場合でも、的から半径掌分以内の地面に刺さっていれば1点というルールで遊びました。

最初は矢をうまく投げることすら難しく、矢は真っ直ぐ飛んで行ってくれませんでしたが、すぐに慣れることが出来、いつの間にかめちゃくちゃ夢中になっている自分がいました☆笑

しかし、まずは朝飯ということで、すぐに一時中断。。。

今朝はあっさりした朝食を頂きました。
相変わらず、ギュンパは食べろ食べろとめちゃくちゃお代わりを勧めてきます。
僕もいっぱい食べたいし、その方がギュンパも作り甲斐があって嬉しいのでしょうけれど、如何せんお腹の調子が変なのです。。。うんこなんて出やしません。。。

それにしても、"早起きして、体を動かし、ご飯を食べる"。素晴らしい一日の始まりです♪



写真1-a:長閑なガンテの朝その①
写真1-b:長閑なガンテの朝その②



写真2-a:長閑なガンテの朝その③
写真2-b:長閑なガンテの朝その④



写真3-a:牛を散歩に出すチンレー
写真3-b:牛の角で遊ぶチンレー



写真4-a:ギュンパの家
写真4-b:ギュンパの家の小屋



写真5-a:ギュンパの家の屋根裏に干してあった牛の皮
写真5-b:農家の朝食