今日も1日目ティンプー巡りDayです。

早速Dorjiさんの運転する車に乗り込みティンプー市内をTashiさんのガイドの下、ドライブ!


と、いきたかったのですが、今朝はここ何日か続いていた奥歯ら辺の痛みが気になったため、Tashiさんに頼み、急遽歯医者に連れて行ってもらうことにしました。
痛みの感じでは、虫歯ではなさそうだったのですが、このまま放っといて悪化したら嫌だし、今は信頼できるTashiさんというガイドもいるし、ここブータンは医療費がタダということもあり、記念も兼ねて(←ごめんんさい。。。)診てもらうことにしました。

歯医者は総合病院の建物中に入っていて、内科も外科も含めた全ての患者が1つの敷地内に集まっていました。
これこそ本当の総合病院といった感じです。

ブータンには、病院は各町に1つずつしかないらしく、それはここ首都ティンプーであっても同じことのようで、歯医者であっても開業医というのは存在しないそうです。

病院の中に入ると、中はかなりの数の患者で溢れ返っていました。
休み明けの月曜日はさらにもっと混むらしい。。。
町に1つしかないのではそれも当然ですが、、、

病院では、診療セクションごとに受付があり、そこでまず名前や症状を伝え、軽い案内状のようなレシートを書いてもらいます。
歯医者の受付には20人ほどの列が出来ていましたが、Tashiさんの交渉で客人である外国人を優先して頂き、一番先頭に入れてもらっちゃいました。笑

レシートを受取った後は、歯医者のある建物の中へ行き、ひたすら順番を待ちます。
その間、両手に手錠を掛けられ、警官に連行されている囚人の姿がありました。
牢屋で虫歯になったのでしょうか。。。ちょっとウケます。笑

そして、順番になり、部屋の中へ。
中は日本の歯医者とほとんど変わらないような感じでした。
お医者さんや歯科助手さんはさすがにゴやキラを着ていませんでした。笑

口を大きく開けて、日本でのそれと同じように、目視確認してみたり、痛い箇所を叩いてみて診察してもらった結果、、、

奥歯ら辺の歯間に食べ物のカスが取り切られずに残っていてたようで、それにより歯が圧迫を受け、痛みに繋がっていたようです。
ティンプーは標高が高いため、気圧の変化により、歯間が狭くなるのです。
そのため、その間に食べ物のカスなどが挟まっていると、歯が圧迫されてしまうのです。。。

まぁ、医者からしてみれば、要は「ちゃんと歯を磨きましょうね☆」って話なのでしょうが、1年半前に奥歯の神経抜いてからはかなり念入りに磨いてきたつもりだし、そんだけ圧迫されているようなら歯間ブラシなど特別なものが必要になってくる気がします。。。

そして、最後に一応痛み止めの薬を2種類頂き、診察終了です。
ここでも、Tashiさんのお陰で順番を待たずにお薬頂くことができました♪
もちろん、薬代も無料でございます☆
ここブータンの地で、Tashiさんと共に歯医者来れたことに感謝です♪

ということで、若干出遅れましたが、やっとティンプー巡り2日目スタートです!




写真1:Bhutan Retreat社の車



写真2-a:ブータンの病院その①
写真2-b:ブータンの病院その②




写真3:歯医者でもらった処方箋と薬