今日は、実質ブータン最終日です。

今日は早起きし、朝食を食べ、朝8時半にホテルを出発。
目指す先は、ブータンの観光名所の中で最も有名と思われるタクツァン僧院です。

タクツァン僧院は、開宗の祖グル・リンポチェが瞑想をしたとされる場所に建てられた僧院で、ブータンでは最も格式の高い僧院の1つです。
ただ、1998年に火事で全焼してしまい、今現在あるものは2004年に再建されたものです。

8世紀、パドマ・サンババ(グル・リンポチェ)はチベットから虎に乗ってブータンにやって来ます。
そして、断崖絶壁の崖の上で瞑想をした後、パロ地方の人々に仏教の教えを広めます。

といった伝説からこの僧院はタクツァン(虎の巣の意)と名付けられています。
英語では、タイガーズ・ネスト(虎の巣)とそのまま言います。
タクツァンの意味を知らなかった僕はずっとタイガーズ・ネストがエリアの名前か何かと思っていて、タクツァン僧院とは別物だと思っていました。笑

ということで、タクツァン僧院があるのは断崖絶壁の崖の上。。。
つまり、そこまで行くには自分たちの足を使うしかありません。
麓から見ると、とんでもない所に建てられているのが分かります。
なんでそんな場所で瞑想をしたのか。。。他の場所もあっただろうに。。。

でも、もし他の場所で瞑想していたらこんなに有名にはなっていなかったのでしょうね。
絶壁に引っ付くように建てられている様子が人々を魅了したんでしょうね。

そんなこんなで、タクツァン僧院のある崖の麓からはハイキングで向かいます。
僕はあまりハイキングが好きな方ではありませんが、今日は天気が晴れてとても気持ち良く、ブータン最終日かつハイキングに持ってこいの天気となってくれました♪

ガイドのTashiさん、ドライバーのDorjiさんと共に舗装されていない山道を登って行きます。

そして、45分後。

やっと途中のカフェテリアに到着しました。まだ半分以上あります。。。
と、ここでTashiさんがまさかの足首捻挫!
前もやってしまったとかで、まさかの途中リタイア。。。笑
残りはDorjiさんと僕とで登ります。

そして、さらに45分後、やっとタクツァン僧院に到着!
めっさ疲れました。。。
しかし、僧院の中にあるグル・リンポチェの像たちの迫力が凄い!!
残念ながら、僧院の入口でカメラ等は預けないといけないので、写真は撮れないのですが、グル・リンポチェが悪魔を退治する様子がリアルに再現されていて物凄い迫力です。

これを見るだけでも苦労して来る甲斐があります。



写真1-a:Olathangホテルの朝食
写真1-b:見えてきたタクツァン僧院
写真中央の山の中腹部の白い点がタクツァン僧院です。



写真2-a:果てしなく遠くに見えるタクツァン僧院その①
ここから歩いてタクツァン僧院を目指します。
写真2-b:果てしなく遠くに見えるタクツァン僧院その②



写真3-a:途中にある石で出来たお守り
写真3-b:途中にあるマニーカー(金車)



写真4-a:近付いてきたタクツァン僧院その①
写真4-b:近付いてきたタクツァン僧院その②



写真5-a:断崖絶壁のタクツァン僧院
写真5-b:途中にあった滝とタルチョ